スポーツショップ・サッカースパイク、野球グローブ等を販売するスポーツ用品店
総合スポーツ用品店ZIPスポーツドットコム

2014年06月21日

社会人野球のナンバー1を決定 都市対抗野球大会

社会人野球のトーナメント大会、
都市対抗野球大会が、
7月18日(金)から12日間、
東京ドームで開催されます!

○●第85回目を迎えます ●○
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出場は、全国各地域の代表33チームと、
前年優勝の1チーム、合計34チーム。

各地域の代表枠は、
北海道1、東北2、北信越1、北関東2、南関東3、東京都4、
西関東2、東海7、近畿5、中国2、四国1、九州沖縄3。

それぞれ第1予選、第2予選を行い、
代表を目指します。

第1回大会が行われたのは、1927(昭和2)年。
東京六大学をはじめとする学生野球が盛んだった当時、
卒業すると各地のクラブチームに散らばってしまい、
単発的な練習試合が行われる程度。

そこで、
地元に根差した運営をしているメジャー・リーグをヒントに、
全国的な野球大会を開幕することが決定。
主催者推薦の12チームで幕を開けました。

以来、戦争による中断も経ながら、
今年、第85回目を迎えます。

○●大会独特の制度も ●○
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
地区を代表して戦うこの大会。
本戦で勝ち抜くために、
都市対抗独特の制度が設けられています。

それは、
各地区の代表となったチームは、
予選で敗退したチームから選手をレンタルできるという、
補強選手制度。

この制度によって予選敗退チームは補強選手に夢を託し、
出場チームは自チームの欠点を補強し、
まさに「地区の代表」となります。

また、優勝旗の名称や優秀選手への表彰名も独特。
優勝チームに授与される優勝旗は、黒獅子旗。
準優勝は、白獅子旗、3位は、黄獅子旗。

優勝チームから一人選出される、
最優秀選手に贈られるのは、
都市対抗野球を創設した橋戸信氏にちなんだ、橋戸賞。

敢闘賞にあたり、準優勝チームから一人選出される選手には、
全日本の主将を務めた名捕手・久慈次郎氏にちなみ、
久慈賞が贈られます。

新人賞にあたり、大会で素晴らしい活躍をした新人選手には、
若獅子賞。

また、優勝チームに副賞として贈られる黒獅子エンブレムは、
都市対抗野球大会優勝チームの証として、
ユニフォームの袖につけて次年度の大会閉幕まで
プレーすることができ、大変名誉なこととされています。

さて、今年。
前回優勝による推薦1チームを含めた、
34代表が出そろいました。

前回優勝のJX−ENEOS(横浜市)は、
4年連続48回目の出場。
本大会通算95勝38敗、優勝回数11回は最多。

今年、さらに記録を伸ばすのか、
抑えるチームが現れるのか。
7月18日からの東京ドームに、注目です!

Posted by sportsshop at 16:37