スポーツショップ・サッカースパイク、野球グローブ等を販売するスポーツ用品店
総合スポーツ用品店ZIPスポーツドットコム

2014年02月22日

全国選抜高等学校野球大会 〜春はセンバツから〜

全国選抜高等学校野球大会 〜春はセンバツから〜

春の訪れを告げる
高校球児の熱い大会、春のセンバツ。

全国選抜高等学校野球大会が、
3月21日(金)から、12日間、
阪神甲子園球場で開催されます!

○●校風・品位・技能を選考 ●○
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
第1回大会は、1924(大正13)年開催。
全国選抜中等学校野球大会として、
名古屋の山本球場で行われたのが始まりです。

「過去1年間の試合で最強チームと認められた」として、
早稲田実業、横浜商業、愛知一中、立命館中、
市岡中、和歌山中、高松商業、松山商業の8校が選抜されて参加。
高松商業が、記念すべき第1回優勝校に輝きました。

第2回大会では、選考委員会制度が確立。
舞台を、前年夏に完成した阪神甲子園球場に移して
出場12校で開催。

以降、戦時中5年間の中断を経て、
今年は、86回目の開催。

夏の大会が地区予選から行われる仕組みと違い、
「春のセンバツ」は、その名の通り、選考して選出されます。

主催の高校野球連盟は、
地域性も考慮しつつ、
「校風、品位、技能ともに
高校野球にふさわしい学校、野球部を選考する」としています。

○●32校の熱き戦いに注目! ●○
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
過去大会を振り返ると、
さまざまな歴史がよみがえってきます。

平成11年の第71回大会は、沖縄尚学が初優勝。
沖縄県に初めて紫紺の優勝旗がもたらされました。

「困難の克服」「模範的マナー」などを指針にした、
「21世紀枠」が新設されたのが、第73回大会。
第76回大会では、済美が最速の創部3年目で初出場初優勝。

平成23年の第83回大会は、
東日本大震災の12日後に開幕。

「がんばろう!日本」をスローガンに、
被災者・救助救援に携わる方を応援する大会として開催。

開会式の入場行進は中止、鳴り物応援を禁止するなど、
被災地に最大限配慮して行われました。

翌年、21世紀枠として震災被害の大きかった石巻工が選ばれるなど、
東北から4校が出場。

光星学院が前年夏の選手権大会に続き、
東北初の優勝を目指して決勝戦に臨みましたが惜敗。
大阪桐蔭が優勝に輝きました。

そして今年。
今大会の参加校は、32校。
21世紀枠の東京・小山台など2校を含め、
初出場校が7校、選ばれています。

組み合わせ抽選会は、3月14日。
大きな夢、高い志を持った高校球児たちの、
正々堂々の戦いに、注目です!!!

Posted by sportsshop at 17:37