野球用品、サッカースパイク等の各種スポーツ用品を取り扱うスポーツショップ
総合スポーツ用品店ZIPスポーツドットコム

2013年08月21日

床上の美の競演!世界新体操選手権

美の競演!
世界新体操選手権大会が、
8月28日(水)〜9月1日(日)に
ウクライナ・キエフで開催されます!

─★<32回目を迎える世界大会>★―

1963年にスタートした、
新体操の世界選手権。
個人種目別、個人総合、団体競技で争います。

世界中のクラブチームが競う、
クラブ選手権と並ぶ、新体操の2大世界大会。

クラブ選手権は、
毎回、東京体育館で開催されますが、
世界選手権は、
開催地を世界各国持ち回りで行われています。

第1回大会から14回大会までは、
2年ごとに開催。

1991年の15回大会以降、
夏季五輪開催年以外、毎年行われています。

日本でも、過去に、
1999年の大阪市、2009年の三重県伊勢市の
2回開催。

昨年は、フランスのモンペリエ。

32回目を迎える今回は、
意外にも大会初開催という、
新体操の強豪・ウクライナで行われます。

─★<旧ソ連と欧州勢が独占>★―

過去大会を振り返ってみましょう。

◎個人総合金メダル

2003年アリーナ・カバエワ選手(ロシア)

05年オルガ・カプラノワ選手(ロシア)

07年アンナ・ベッソノバ選手(ウクライナ)

09年エフゲニア・カナエワ選手(ロシア)

10年エフゲニア・カナエワ選手(ロシア)

11年エフゲニア・カナエワ選手(ロシア)

個人総合は、
過去10年以上、ロシアとウクライナが
メダルを独占。

一方、団体は、
2009年から、イタリアが3連覇。

ベラルーシ、ロシア、ブルガリアが、
銀、銅メダルを争っている状況です。

─★<日本選手団は>★―

日本代表の団体・フェアリー・ジャパンは、
昨年のロンドン五輪で7位入賞。

当時のメンバーでもある、
新主将の畠山愛理選手、松原梨恵選手、
サイード横田仁奈選手、深瀬菜月選手の4人に加え、
選抜試験により、
加畑碧選手、杉本早裕吏選手、国井麻緒選手、
宮本望来選手、熨斗谷さくら選手の5人の、
計9人がメンバー候補。

大会では、5人のメンバーが、
ボール・リボンとクラブの演技を行います。

個人出場枠は、2。
早川さくら選手、皆川夏穂選手が出場します。

共に16歳で大会を迎える両選手。
6月に行われたアジア新体操選手権で、
個人総合決勝に進出。

東欧の選手に劣らない身体条件と柔軟性を誇り、
結果は、6位、7位と潜在力を見せました。

現在、モスクワで強化合宿に励む二人。
共に刺激し合いながら、上位入賞を目指します。

妖精たちの華麗な演技に注目です!(^_^)/  

Posted by sportsshop at 14:14