野球用品、サッカースパイク等の各種スポーツ用品を取り扱うスポーツショップ
総合スポーツ用品店ZIPスポーツドットコム

2012年10月22日

横浜国際女子マラソン大会

11月18日(日)12時10分スタート!

横浜市内を舞台に、
第4回目となる横浜国際女子マラソン大会が開催されます!


─★<来年の世界選手権代表を選考>★―

第1回大会が行われたのは、2009年。

意外に新しい大会のように思えますが、
大会の前身は、
1983年から27回行われた横浜国際女子駅伝。

東京を舞台に1979年に世界初の女子だけのマラソン大会として発足した、
東京国際女子マラソンが、
東京マラソンの開催により2008年に終了。

それを引き継ぐ形で、
舞台を横浜に移し、09年11月に初開催されました。

以降毎回、
アジア大会、世界選手権、オリンピックの代表選考会を兼ね、
今回は、
来年8月開催の世界陸上選手権の代表選考を兼ねて行われます。


─★<過去3回中2回、日本人が優勝>★―

第1回大会の優勝は、
ロシアのインガ・アビトワ選手で2時間27分18秒の成績。

日本人トップは、
2時間28分51秒を記録した嶋原清子選手でした。

世界選手権代表選考を兼ねた第2回は、
2011年2月に開催。

第1回大会は横浜市街地を3周する周回コースでしたが、
2回から山下公園を発着、市街地を通過する、
より平坦なコースに変更されました。

優勝は、
残り3キロでスパートをかけた尾崎好美選手で、
2時間23分56秒の好タイムを記録。

ロンドン五輪の代表選手選考会を兼ねた第3回は、
マラソン3回目の木崎良子選手と、
前回覇者・尾崎好美選手との一騎打ちのレース展開。

40キロ過ぎでスパートをかけたのは、
09年ベルリン世界選手権で銀メダルに輝いた尾崎選手。
しかし、木崎選手は諦めませんでした。

残り1キロを切った地点で尾崎選手を逆転。
トラックで培われたスピードを生かし、そのまま振り切りました。
記録は2時間26分32秒。

敗れた尾崎選手はこのあとの名古屋ウィメンズマラソンで、
日本選手トップの2位に入り、
木崎選手とともに五輪代表を果たしました。

さて、横浜の街並みを背景に、
今年はどんなレースが繰り広げられるのか・・・
見逃せません!(^_^)/  

Posted by sportsshop at 18:25