野球用品、サッカースパイク等の各種スポーツ用品を取り扱うスポーツショップ
総合スポーツ用品店ZIPスポーツドットコム

2007年07月22日

インスタントリプレイシステム

 先日行われたウィンブルドンテニス2007、男子シングルス決勝。

 大会5連覇を狙うロジャー・フェデラー選手 

       VS

  全仏・全英両制覇を目指したラファエル・ナダル選手。

 予想通りの2大対決で、大会中最も白熱した試合となりましたね。

 さて、この決勝でもナダル選手により行使されたのが

   ホークアイによる自動ライン判定システム。

 今回は、この新しいシステムをご紹介しましょう!(^O^)/


 ┏━┓
 ┃★┃CGによるスロービデオで判定
 ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━

 テニスは「ラインに1ミリでもかかっていればイン」。

 その微妙な判定が、

 これまではライン審判に委ねられていました。

 しかし、新たに導入された、

 この「インスタントリプレイシステム」(チャレンジシステム)は、

 選手が審判の判定に疑問がある場合に

 「ホークアイ」というCGを用いた自動ライン判定システムの

 スロービデオを見て判定がやり直されるものです。

 ただ、設備費等の都合上、

 現在導入されているのは、ウィンブルドンでもセンターコートなど

 限られたコートのみです。


 ┏━┓
 ┃★┃勝機あらば…「チャレンジ!」
 ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━

 選手が、審判のイン・アウトのコールに再判定を要求する場合は、

 審判のコール後、「チャレンジ」と宣言します。

 
 大会によって多少違いがありますが、

 システムの基本方式は以下になります。

 ・選手は、1セットについて2回、チャレンジ権が与えられます。

 ・審判の判定が正しく、選手が間違っていた場合には、

  選手はチャレンジする権利を1回失うことになります。

 ・チャレンジで判定が覆った場合には、

  チャレンジする権利を失わずに引き継ぐことができます。

 ・タイブレークに突入した場合には、

  それぞれ1回ずつチャレンジする権利が付加されます。

 ・ファイナルセット6−6になった時には、

  それぞれ2回の権利が追加されます。

 ・チャレンジする権利を次セットに繰り越すことはできません。


 ┏━┓
 ┃★┃4大大会では2006全米大会から導入
 ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 テニス界では2006年春に登場したこのシステム。

 4大大会には同年の全米大会から導入されました。

 また、他のスポーツでも、要求時や判定後の条件差はありますが、

 フットボールの、NFL(National Football League)、

 バスケットボールの、NBA(National Basketball Association)、

 ホッケーの、NHL(National Hockey League) などが、

 このようなビデオ判定システムを採用しています。


 ちなみに、ウィンブルドン決勝のナダル選手は、

 権利を行使した2回とも、審判判定が覆され、

 ポイントをとることができました!(^^)v  

Posted by sportsshop at 17:17

2007年07月07日

トライアスロン

 スイム・バイク・ランを連続して行うスポーツ。

 そう、今大人気の「トライアスロン」です。

 この時期、全国各地で開催され、トライアスロン人口急増中です!


 ┏━┓
 ┃★┃米西海岸生まれの33歳!?
 ┗━┻━━━━━━━━━━━━━

 誕生の年がわかっている数少ないスポーツ、

 トライアスロンが生まれたのは1974年。

 アメリカ西海岸のカリフォルニア州サンディエゴで産声をあげました。

 最初の大会は

 ラン4.5km、バイク8km、スイム0.4km、ラン3.2km、スイム0.4kmという

 変則的なスタイルで開かれたそうです。

 その後、いろいろな競技との組み合わせや距離が試された結果、

 1982年、

 現在世界的大会で行われ「ザ・トライアスロン」と呼ばれる

 スイム1.5km、バイク40km、ラン10km、トータル51.5kmが設定されました。


 ┏━┓
 ┃★┃来日26年!?
 ┗━┻━━━━━━━

 日本発のトライアスロン大会は、

 1981年、鳥取県皆生温泉で行われました。

 1985年、宮古島、琵琶湖で長距離レース開催、

 そして同年、天草で「ザ・トライアスロン」が開催されました。


 ┏━┓
 ┃★┃知っておきたいキホン用語!
 ┗━┻━━━━━━━━━━━━━

 <トランジション>
 
 スイムからバイク、バイクからランへと競技種目を転換すること。

 ウェアの着替え、シューズの履き替え、ヘルメットの装着などをすること。

  ※ここでのスピードも重要視され、トライアスロンの第4種目と

  言われています。


 <マーシャル>

 競技全体を司る審判のこと。

 不正行為を監視し、注意や警告を与えます。


 
 泳ぐ、こぐ、走る、とバランスのとれたスポーツ「トライアスロン」。

 あなたも簡単なところからトライしてみてはいかがですか?  
Posted by sportsshop at 17:34Comments(0)TrackBack(0)