野球用品、サッカースパイク等の各種スポーツ用品を取り扱うスポーツショップ
総合スポーツ用品店ZIPスポーツドットコム

2006年11月24日

フィギュアスケート【 グランプリシリーズ 】

 〜 フィギュアスケート 〜
        【 グランプリシリーズ 】


 寒い冬を熱くする!

 それがフィギュアスケートの『グランプリシリーズ』。

 アメリカ・カナダ・中国・フランス・ロシア・日本

 まさにフィギュアのトップスケーターが居並ぶ世界6カ国で開催。

 各選手は、そのうち2戦に出場します。

 そして、

 その合計ポイントの上位6選手が『グランプリファイナル』に出場!


 ★ポイントのつけ方は?
━━━━━━━━━━━
 選手は各試合でとった順位にそれぞれポイントが与えられます。

 順位別のポイントは・・・

  1位 15point
  2位 13point
  3位 11point
  4位  9point
  5位  7point
  6位  5point
  7位  4point
  8位  3point


 ★現在4戦まで終了!途中経過は?
 ━━━━━━━━━━━━━━━━

 第4戦のフランス大会が終了した現段階では、
 
 女子は、ミキティこと安藤美姫選手が1位で

 グランプリファイナル進出を決めています!

 獲得ポイント順位は・・・

  1 安藤美姫選手 15 + 13 =28
  2 キム・ヨナ選手(韓国) 11 + 15 =26
  3 ジョアニー・ロシェット選手(カナダ) 15 + 9 =24
  4 キミー・マイズナー選手(アメリカ) 13 + 11 =24
  5 エミリー・ヒューズ選手(アメリカ) 7 + 11 =18
  6 ユリア・シェベスチェン選手(ハンガリー)15 + 第5戦=15
  7 スザンナ・ポイキオ選手(フィンランド) 7 + 7 =14
  8 村主章枝選手 13 + 第6戦=13
  9 中野友加里選手 13 + 第6戦=13
  10 キョ・ヒンシュ選手(中国) 3 + 9 =12
  11 浅田真央選手 11 + 第6戦=11
  12 浅田舞選手 5 + 5 =10
  18 恩田美栄選手 4 + 第5戦= 4


 男子は織田信成選手が現在4位!

  4 織田信成選手 15 + 第6戦=15
  8 高橋大輔選手 13 + 第6戦=13


 
 ★第5戦は11月25・26日
 ━━━━━━━━━━━━━━

 第5戦のロシア大会には、

 日本勢は恩田美栄選手、澤田亜紀選手が登場!

 ふたりともジャンプが得意な選手。

 ファイナル進出は難しいとしても

 将来へ向けてまさに飛躍のジャンプを期待しましょう!  

Posted by sportsshop at 12:37Comments(1)TrackBack(0)

2006年11月17日

永久欠番

 「永久欠番」

 ん〜、なんと良い響きの言葉なんでしょう。

 スポーツをする者にとっては、それこそ永遠の憧れ。

 今回はMLBの永久欠番に迫ってみたいと思います!



 ○― 「永久欠番」ってなに? ―○

 永久欠番とは、

 背番号を使用して競技するスポーツで、

 多大な功績を残した人物の背番号を、

 その人物の栄誉と栄光を末永く称えるために、

 団体内で使用しないよう、永久に欠番にすること。

 または、欠番とした番号を指します。

 英語では「retired number」といいます。



 ○― 野球史上初の永久欠番は? ―○

 そもそもMLBにおける背番号の始まりは1929年。

 ヤンキースが、打順に合わせて番号を振ったのがきっかけでした。

 当時の4番打者はルー・ゲーリック選手。

 17年間のヤンキース所属中、

 2130試合連続出場をはじめ、首位打者、本塁打王、打点王など

 輝かしい記録を打ち立てました。

 病気のため現役を退いた1939年、

 ヤンキースは背番号4を永久欠番とすることを発表。

 以来、栄光の「4」番は、永久にゲーリック氏のものとなったのです。

 
 メジャー最多17の永久欠番をもつヤンキースでは、

 ほかにベーブ・ルース氏の3番、ジョー・ディマジオ氏の5番など。

 なるほど〜と思わずうなずいてしまいますね。  
Posted by sportsshop at 12:38Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月12日

東京国際女子マラソン大会

 今年もいよいよマラソンシーズン到来!

 東京国際女子マラソンが、今年も11/19に開催されます!

 高橋尚子選手の優勝で沸いた2005年が思い出されますね〜



 ★コースも見どころ!
  ━━━━━━━━━━
 
 国立霞ヶ丘競技場をスタートして東京ドーム、東京タワー、皇居、

 東京駅、増上寺、レインボーブリッジなど、有名な施設を通過するコース。

 観るのには楽しめます、が・・・実は世界でも指折りの難コース。

 特に30km地点、水道橋駅前から四谷にかけての高低差は

 およそ30m近くあり、ビルにすれば11階建てに匹敵する高さとか!


 
 ★高橋選手もエントリー!
  ━━━━━━━━━━━

 国内招待選手として高橋尚子選手、疋田美佳選手など

 海外招待選手にはロシアのスベトラーナ・ザハロワ選手、

 エチオピアのエルフィネッシュ・アレム選手などもエントリー予定。

 果たして今年の栄冠は誰の頭上に輝くのでしょう!  
Posted by sportsshop at 12:46Comments(0)TrackBack(0)