野球用品、サッカースパイク等の各種スポーツ用品を取り扱うスポーツショップ
総合スポーツ用品店ZIPスポーツドットコム

2006年06月21日

秘密はココ★ドイツW杯大会試合球

 五角形がなくなったー!

   と、世界中が驚いたサッカーボール。

 2006ドイツW杯公式試合球「adidas+チームガイスト」。

  デザイン刷新のヒントは?

   「五角形×六角形」よりも性能がいいの?


  選手が追う、観客が追う、

   ゲームの“主役”に、迫ってみましょう!



○●○ 初代球は「テレビの人気者」 ○●○


 1960年代に考案されたという「五角形×六角形」ボール。

 サッカーW杯には1970年メキシコ大会で、

  adidasが「テルスター」としてデビューさせました。

 「テルスター」とは…

 当時カラーテレビが普及したことから

  「television star」→「telstar」。わかりやすいですね!^_^

 白黒のカラーデザインも、テレビ画面で見分けられやすい!

  と、好評を得たようです。



 ○●○ あの曲線は“プロペラ”がヒントだった!? ○●○


 そして、今回新たに登場した曲線デザインは、

  なんと、飛行機のプロペラがヒントだったとか…

 この曲線で、より球体に近くなったとのこと。

 また、従来は表面のパネルを糸で縫い合わせていましたが、

  今回のものは特殊な接着剤で合わせられているため、

   表面がより滑らかに、弾力も均一になったのです。  

Posted by sportsshop at 23:15Comments(0)TrackBack(0)